虚偽の仮面を剥ぎ取ろうぜ 日本に生まれた幸せに感謝し、植村花菜さんを応援しつつ、Perfume現象ど真ん中な日々です

タイヤの空気圧って大事
[No.257] 2017-04-22 Sat 20:12
今履いているのは
ECOS ES31
中古でこの車を買う際にタイヤ交換を進められ、
「国産のエコタイヤでも付けといて。ヨコハマとか」
って、その時は何も考えずに担当さんに言ったところ付いてきたヤツです。
このタイヤ、YOKOHAMAの中でも一番ベーシックなグレードですから性能はそれなりです。
で、最近、次の点が気になってきました。
・荒れた路面での静粛性がイマイチ
・サイドウォールが柔らかい(薄い)のかチョットふわふわする
そこで空気圧を高くすればタイヤの剛性が上がるのではないかと
標準2.2/2.0 → 2.4/2.3 にしてみたんですが、
こりゃイカン、ダメダメです。
先ず乗り心地が悪化です。単にゴツゴツしただけ
そしてロードノイズも大きくなりました。
サイドが柔らかいのを空気圧で誤魔化そうとしたことで
タイヤの設計思想が崩れてしまったようです。
もとに戻すと、乗り心地も良くなり、静かになりました。
フワフワするのを解決するには交換するしかないようですね。

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エンジンオイル交換後の燃費は如何に
[No.256] 2016-08-07 Sun 09:30
いいですね、このオイル
ENEOS SUSTINA 5W-40

圧縮が良くなりトルクアップした気がします。(あくまで気がするだけ)
エンジン音も低くなりました。(これは確か)

燃費は
15.9㎞/L(約400㎞走行時、満タン法)

オイル交換前が13.9㎞/Lだったので10%以上向上しました。
走ったコースが全く同じじゃないので割引は必要ですが合格点でしょう。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
1回目のエンジンオイル交換
[No.255] 2016-07-16 Sat 13:17
POLOを購入して約3カ月、走行距離が2,000㎞を超えたあたりから、
なんかエンジンフィールがちょとガサついた感じに。
またシフトダウン時のエンジンブレーキもちょっとギクシャク感が。
やはり通勤チョイ乗りが多いシビアコンディションのせいでしょうか。
オイルがそうとうダレてきたみたいです。
ここは早めに交換しましょう。

さて問題はオイル選定です。

・VW指定の504規格対応オイルで長距離(10,000㎞)乗るか
・他の100%化学合成油でそこそこ(5,000㎞)乗るか
・はたまた鉱物油で頻繁(3,000㎞)に交換するか
・粘度は指定の5W-30のままでいいか

いろいろ検討しましたが、

“給油ついでに近所のガソリンスタンドでいいや”って事に。。。

で入れたのは

ENEOSサスティナ 5W-40

夏場だし、走行距離もけっこういっている車なので、高温側の番手を一つ上げてみました。
これが吉と出るか凶と出るか、乞うご期待です。

入れた直後はやはり滑らかでいい感じです。

ちなみに、オイル交換直前の燃費は13.9㎞/L(満タンから400㎞走行時)

これがどうなるか、楽しみです。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アライメント調整後のドライブ
[No.254] 2016-06-18 Sat 22:38
先週アライメント調整を行いましたが非常にイイです。

あ~、真っ直ぐ走るって素晴らしい!
ということでドライブです。
目的地は草木ダム(群馬)です。

で、それなりの距離とワインディングを走ってみた結果、やっぱりアライメント調整の効果アリアリです!
①左流れが無くなって、右腕が疲れない!(これが一番大きいです)
②発進時の抵抗が減って、車体が軽くなった(気がする)
③ハンドリングの左右差が無くなった。

けっこう変わるんですねぇ。
次は高速道路を走ってみたいと思います。

草木ダム(空梅雨でだいぶ水位が低いですね)
P6180204.jpg

お土産の焼酎(こいつで晩酌しながら書いてます)
P6180207.jpg
アライメント調整後のドライブの続きを読む
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ポロのアライメントを修正しました!
[No.253] 2016-06-11 Sat 22:47
真っ直ぐ走っている時のステアリングの角度はこんな感じです。P6110186.jpg
しかも左流れがある為、右にちょいちょい舵を切る必要があります。
右腕が疲れるわけです。
これはなんとかしなくては!
という事で、みんカラで評判のmondoさんにお邪魔してきました。
場所は茨城の阿見にあります。
とても静かな住宅&田んぼに囲まれた所で、近くにはこんな素敵な公園があります。
P6110190.jpg

さて、社長さんにステアリングのセンターズレと左流れの症状を説明してイザ!
アライメント測定装置はG-SWATです。
車を所定の位置にセット
P6110194.jpg

測定開始
P6110196.jpg

結果は・・・
左トー:*+4.3㎜ 右トー:*-1.4㎜
スラスト角:+0.7㎜
左キャンバー:-0°49′ 右キャンバー:*-1°10′
左キャスター:+4°07′ 右キャスター:4°28′
フロントタイヤ、スラスト角、右向いてます。
キャンバーの左右差が大きいです。
どうやら自覚症状の通りの数字のようです。
ポロは基本フロントトーしか調整出来ないらしいのですが、
いろいろテクニックを駆使して頂いて

左トー:+0.4㎜ 右トー:+0.5㎜
スラスト角:+0.0㎜
左キャスター:+4°24′ 右キャスター:4°31′

キャンバーの左右差はそのままなので、左流れは若干残ると思うと言われました。
確かに手放しでどこまでも真っ直ぐ走るという訳にはいきませんが、指二本で修正可能なレベルに良化しました!
ステアリングは真っ直ぐで、気持いイイです。
お値段も良心的で大満足です。
また異常が発生したらお願いしようと思います。
アライメントは大事ですね。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 虚偽の仮面を剥ぎ取ろうぜ | NEXT

ブログ内検索