上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
前回のオイル交換から5,000㎞を超え、

汚れが酷いのは清浄剤が働いている証拠なのでイイのですが

さすがに粘度が落ちてエンジンフィールがザラついてきたので交換します。

前回入れたサスティナ5W-40はなかなか良かったので同じでも良かったのですが

一度自分で交換したいなぁと思っていたので、違うオイルにして見ました。

今回入れるのはコイツです。

Mobil1 0W-40

GT-Rの指定オイル!

ポロにはチョット硬いですが、熱ダレに強いのが希望なのでチョイスです。

PB030210.jpg

では作業開始です。
5分ほどアイドリングした後、
オイルゲージ穴にホースを入れてポンピングするだけの簡単なお仕事です。

POLO1.2TSIオイル上抜き

オイルチェンジャー

3リットル程抜けたので、ジョッキで計って入れます。

Mobil1_0W-40

最後にオイルゲージで量を確認して終了です。

5,000キロ以上乗った劣化したオイルはキッチンペーパーに直ぐ染み込んでしまうのに

この新オイルは簡単には染み込みません。粘り付く感じです。

これならエンジンを強固に保護してくれそうです。
スポンサーサイト
2017.11.25 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
低速からの加速時に失火ノッキングが頻発していたPOLO君

点火系3点セット(イグニションコイル、点火プラグ、ケーブル)を一気に交換した結果・・・

ノッキング解消ーーー!!!

快調、快調、イイ加速、トルク感もアップ

停止直前のカクカクした不快な感じも無くなったようで非常に快適

どのパーツが一番効果があったのかは分かりませんが(たぶんプラグかな)

DIYによる整備は無事成功です!いや~良かった
2017.09.09 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
6Rポロの1.2TSIエンジン、プラグコードが非常に外しにくいのだ
プライヤーとかで外せない事もないと思うが
この際だから専用のリムーバーを購入(けっこう高いです)
確かにコレ使うと簡単に取れます



プラグはNGK製の純正品でした
走行距離61,000㎞でこんな感じです

P8050217.jpg

2本の接地電極がひどくエグレていました
さすがにこれは限界を超えていると思われます(イグニッションコイルも一か所、粉吹いてました)


作業終了!!!

P8050214.jpg


ブルーのコードが派手でいい感じです

ただ一つ気になる点が・・・

P8050216.jpg

純正コードと違ってパッキンが無いので、プラグの取り付け面(底)が丸見えです
う~ん、これはゴミやら水やらが入るとよろしくないですね
後でシリコンのOリングとかでゴミ避けを考えた方が良さそうです

------------------------------------------------------

それではエンジンスタート!

おお!イイぞ
アイドリング時の微振動が少ないです
エンジン音自体も静かになった気もします(これはプラシーボ効果かも)

さあ、点火系を一新したポロ君の走りはどう変化するか?
次回、走行インプレッションです

2017.08.05 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
最近、ポロ君の調子がよろしくない。

4速、5速で低回転から加速しようとするとカクンカクンと“息つき”のような振動が出ることが多いのだ。

最初はDSGの不具合?とも思ったが、ミスファイヤーの方が可能性が高い気がする。

であるならば点火系を一新!

ということで部品をネットで手に入れた。

先ずは点火プラグ



純正はNGK製だが、一般には販売しておらず、ディーラー以外では手に入れるのが困難な模様。

しかたないので代用品を調べた結果、適合品がボッシュにありました。

適合表にはダブルプラチナってあったのにイリジウムって書いてある?・・・まあイイか。

次はイグニッションコイル

P7270226.jpg

コレも純正とは違うものです。

BREMI社はドイツのOEMメーカーで、実際、プラグケーブルはこの会社だったので大丈夫でしょう。

そして最後にプラグケーブル

どうせ変えるならってことで、お馴染みの永井電子ウルトラシリコーンパワープラグコード!!!

P7170218.jpg

さてさてどうなることやら・・・楽しみです。
2017.07.27 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲
なんか少し垂れてきたようです
樹脂製の止め具は前方(開けた時上)にしかなく、下側は爪の形になっていて差し込むだけです
この差し込み部分が重みでしなって垂れてきてます
補強のついでに裏側がどんな感じか見てみましょう


P4290212.jpg

結構な厚みですが、グラスウールのようにチクチクしませんね
材質は普通の繊維クズみたいで、基本茶色いですが、色とりどりの繊維も混ざっています
消音効果がどのくらいあるのか試してみましょう
外したままエンジンスタート
・・・・
なんかあんまり車内の音は変わらないような・・・
直噴ポンプのカチカチ音、あの高音成分は結構曲者ですね


2017.05.01 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。